がん治療とメシマコブ

メシマコブは免疫細胞に働きかけて、活性を増強する

 

メシマコブは抗がん剤のように直接細胞 を攻撃するわけではありません。

 

がんを攻撃する免疫細胞に働きかけて、活性を増強するのです。

 

免疫システムをつかさどる細胞にはマクロファージ、T細胞、 B細胞、NK細胞などがあります。

 

メシマコブに対する研究によると、これらの免疫細胞はメシマコブによって、活性化することが明らかになりました。

 

また、 他のキノコはマクロファージやNK細胞の活性化に役立つことが知られていますが、メシマコブはB細胞にも活性を与えることが特徴であるとも考えられます。

 

つまり、メシマコブは免疫細胞の活性を高めて、免疫力のレベルを全体的に押し上げる働きがあるのです。

 

それによって、がんの成長を抑制したり、転移するの を防ぐと考えられます。 

 

さらに、メシマコブにはがんにかかりにくくする効果もあります。

 

マウスを使った実験では、がんが発生してからメシマコブを摂取さ せるよりも、前もってメシマコブを摂取させた場合のほうが、がんになりにくくする効果が高くなることが明らかになっています。

 

この結果は、健康な人がふだんからメシマコブを摂取していれば、がんになりにくくなる可能性があることを示しています。

 

天然メシマコブの注意事項

 

天然物と謳っていても、メシマコブ茸自体の鑑定が大変難しく偽物が多く出回っているようです。

 

セルロースや澱粉が混入したエキスはβ-D-グルカン値が高くなりますが、これは価値がない(1-4)β-D-グルカン等が含まれた数値であるため、β- D-グルカン値が単に高いといっても、あまり意味がありません。

 

天然メシマコブ茸は細胞膜が硬いため、そのまま煎じても細胞膜は壊れず、多糖類は抽出されません。

 

異種の茸で天然メシマコブに外観が似ているものが多く、間違えて売られることが多いようです。

 

メシマコブの菌株PL2・PL5は、製薬メーカーの韓国新薬が開発した培養技術によって量産が可能になりました。

 

そして、その熱水抽出物をエタノールで処理し、エタノールに溶けない成分を、乾燥して粉末化したのが、韓国で医薬品の認可を受けた「メシマ」なのです。

 

最近では、日本にもPL2、PL5ではない菌株からつくられた類似品が、メシマコブや桑黄(そうおう)などの名で販売されていますが、「メシマ」とはまったく別のものです。

 

ちなみに、韓国から輸入され日本で販売されている「メシマ」には、 登録商標のマークがついています。

 

韓国から輸入され日本で販売されている メシマピュア PL2・PL5